研修医の方へ

北里大学循環器内科学の研修プログラムの特徴は「臨床」。実際の患者さんが多いのでそこから学ぶことができます。 また、もちろんデータも「実臨床」からでるデータを活用することが可能というのが最大の特徴です。
後期プログラムに入ると、大学院に進む方もいらっしゃいますが、そこでも臨床から離れることはありません。

院での研究では「基礎実験」も行いますが、獣医学部もある大学なので、動物実験も行うことが可能で、リアルで学べる場となっています。

レジデント1年(3年目) (当科では学内研修修了者は出向病院での研修を推奨する)

一年目は内科医としての資質を伸ばすと同時に、専門分野を担当できる基礎体力の強化に主眼がおかれている。

  1. 初診外来や専門外来を担当し、外来診療能力を高める。
  2. 多数の患者を受け持ち、主治医の指導下に、病棟診療能力を高める。
  3. 研修医の指導や助言を実践し、教育・指導能力を高める。
  4. 循環器領域を専攻していることを自覚し、積極的に基本的診断・治療・予防能力を高める。
  5. 診療行為はEBMに従って学術的に行い、批判に耐えられる意味・内容を保持する。

レジデント2年(4年目) (大学で病棟医としてさらなる研鑽をつむ)

1年次のカリキュラムの上に、循環器領域を専攻する内科医を考慮した研修内容に取り組む。特に、高度な診断・治療・予防の知識と技術の習得に取り組み、自主的に強化する。同時に、臨床研究の一員として参加する。1年の1/3(約4カ月間)以上の期間は、自主的に強化したい部門に集中・特化して修練する。

レジデント3~4年

集学的・集約的医療を担える医師として管理能力を高めると同時に、姿勢・技量・能力がバランスよく自己完結できる修練を主眼とする。

  1. チーフレジデントを担当する能力を養う。
  2. 研修医を指導する世代として診療に当たる。
  3. 臨床研究の担い手として活動する。

< 定員、選考方法 >

研修医より助教(病棟医)に進む際には面談を含む選考にて採用する。

< 指導体制 >

病棟では受持医となり、指導医の監督下に診療にあたる。さらに循環器領域を考慮した特別診療を担い、同時に臨床研究に参画する。

< 評価方法 >

病棟業務においては主治医が中心となり評価し、課題別にはその担当の講師や准教授が評価する。最終的には科長(教授)が総括評価する。

< その他 >

  1. レジデント個々の人生設計に沿うように、また個人の能力に応じて具体的目標に掲げて卒後教育を指導する。
  2. 症例報告、臨床研究など、カンファレンス、症例検討会、抄読会、研究会や学術集会への参加を奨励している。
  3. 認定内科専門医、循環器専門医、学位のうち少なくとも2つ、出来れば3つを取得することを目標に、指導・教育を展開している。

< 研修プログラム終了後の進路(コース) >

終了後は各々の生涯計画に基づいて、研究員、講師、准教授、教授への道があります